2017.09.25.近況(個人的クストリッツァ祭りとか)※ネタバレ有りかもよ。

9月18日(月)祝日
恵比寿ガーデンシネマへクストリッツァ監督の『アンダーグラウンド完全版』を見に行く。
前、後編で5時間14分という、結構な上映時間にややひるんだが、見ないわけにはいくまい。
事前にネットで得た情報としては、テレビ用に編集されたもので、通常盤より2エピソード多いということだったので、
ちょっとしたオモシロエピソードあたりが追加されてるだけで、おおむねかわんないんでしょ?って思ってたんですが、
これがとんでもなかった。
エピソードの追加は2つなのかもしれないが、これがあるとないとじゃ大違いだったのである。
通常盤だとナタリアの心情ってあまり描かれない(すくなくとも私はあまり汲み取れていなかった)のだが、
完全版ではそこらへんがガッツリ描かれていて「そこすっごい重要じゃん!なんでカットしたの?」ってクストリッツァにお手紙書きたいほどである。
そういえばいつの間にか居なくなってたな……ってぐらいの印象しかなかったナタリアの弟のくだりもちゃんとあった。
そもそも通常盤では弟の存在って必要だったのか?って感じもなくはなかったのだが、完全版だとナタリアという人物を理解する上ですっごい必要でした。
その他にも細かいシーンの追加とかちょいちょいあったような気がするのですが、いろいろ事情もおありでしょうが、通常盤切りすぎでしょ。
上映時間が5時間越えしようとも、全部必要だよ!
つか、5時間、全然問題ないから!!
長いといえば園子温の『愛のむきだし』4時間弱がおもいだされますが、
お家DVD(プロジェクター)鑑賞というラフな環境で見てちょっとしんどかった(自宅の気楽さゆえにしんどかったのかもしれませんが)のとくらべて
アンダーグラウンド5時間とか、ぜんぜん気にならないので、この機会を逃すことなくご覧になることをお勧めいたします!
『愛のむきだし』も面白かったですけど!(←配慮)
どーしても5時間越えはツライっていうなら、後半だけでも見て!
完全版DVD出ないのかな。
通常盤買っちゃってるけど、出してくれるんなら買うよ?

そんなわけで、予想以上に盛り上がっちゃったもんで、
その2日後、クストリッツァ監督の新作『オン ザ ミルキーロード』を日比谷のシネマズシャンテまで見に行っちゃったわけです。
正直なところ、あまり期待はしていなかった。
前作『マラドーナ』(ドキュメンタリー)は見ていないが、
さらにその前の『ウエディング・ベルをならせ!』が絶望するほど面白くなかった記憶があるうえに、
今回主演がクストリッツァ本人というあたりにイヤ〜な気配が漂うのであった。

冒頭のシーン。
アヒル(ガチョウ?)が大群で出てくるのですが、出方がなんか雑じゃない?
まあ、ずっとやってりゃ、新しい見せ方してみるとかあるよね? なんて自分に言い聞かせながら見続けたんですけどね。
でもね、やっぱね、うーーーーーーーーん、残念でした……。
『ウエディング・ベルをならせ!』よりは良かったような気がするけど、
ぜんぜんノれなかったっす。
主演の2人に全然感情移入できない。
ミルク配達なんかやってる冴えない(?)変わり者の中年男(現実的なビジュアルは初老)のクストリッツァ(役名わすれた)が
なんでそんなにモテんのか、ゼンゼンわかんないし、
ヒロインのむちむちイタリア熟女(モニカ・ベルッチがやってたんだが、こっちも役名わすれた)も
謎めいたファム・ファタールと言えば聞こえはいいが、けっこう自分勝手にふるまって周りをブンブン振り回すよねーっつー感じで、
そんなんにいい歳してあっさり騙され(一目惚れ)てんじゃねーよ、クストリッツァ(がやった役)!としか思えない。
つか、お前がいろいろハッキリさせないから問題が大きくなるんだろ!
そんな感じで、いろいろスッキリしない。
彼女のせいでロバ(超かわいい)死んじゃうし、
ヒツジに生命の危機が訪れちゃった際には「ヒツジがひどいことになる前にモニカ(がやった役)早く死ね!」って思っちゃうほどだ。
ヒツジのアレはヒドイ……。
それ以前のシーンでもドキドキするようなシーンはあったけど、
ヒツジと看板が映ってからのドキドキハラハラ感てばないわ。
うっかり「そっちいっちゃだめーーーーーーー!」って(ヒツジに対して)声でそうだったわ。
動物との関わり方にお国柄とか生活スタイルとかの影響ってあるとおもうけど、日本人にアレはきついわー。
とはいえ、「ヒツジが死んじゃうからモニカ(がやった役)死ね!」って思っちゃうのもどうよ、とはおもうけどね。
大量の犠牲羊を出しといて、結果ソレ?ってのはクストリッツァ(がやった役)ならずとも、茫然自失である。
人間は愚かだ。
そういえばミキ・マノイロヴィッチ(『アンダーグラウンド』のマルコ)でてましたね。
『アンダーグラウンド』のクロっぽい役で。
ラザル・リストフスキー(『アンダーグラウンド』のクロ)だと思って見てたけど。
意外に見せ場なく退場しちゃったのが残念。

あとね、音楽がいつものジプシーブラスつーの?じゃなくて、いや、ジプシーブラスなのかもしれないけど、
なんかPOP??になっちゃってて、これってバルカン演歌?ってカンジで、個人的に残念でした。
ツィンバロンの音もいいんだけど、哀愁漂いつつの陽気な金管楽器(主にチューバのブゴブゴ)の音がききたかった!

そんなわけで、せっかく『アンダーグラウンド』で上がったテンションでしたが、
『オン ザ ミルキーロード』でだだ下がり、
このままガックリして終わらせてはならじ、とYouTubeでゴラン・ブレゴビッチやらボバン・マルコヴィッチを聴きまくるのだが、
あがんなくてねー。
ついでにクストリッツァが短編小説集を出していたので、図書館で借りる。
まだ頭のほうしか読んでないけど、頭の中に映像が浮かぶ(自分が考えるクストリツッア的映像)。
やっぱ、クストリッツァ映画(あくまで自分の脳内シアターで上映されているなんちゃってクストリッツァ映画です)は動物がかわいいなー。
なんてね。

そんなクストリッツァな日々を過ごしていたのだが、23日は一転国宝に関する山下裕二の講演会に行く。
講演会というより、トークショーという程度の軽いやつで、主に雪舟の話でした。
私は「雪舟のよさってよくわかんないんだよなー」っていうスタンスなんですが、
お話は面白かったです。
といって雪舟が好きになったわけでもないのですが。

その帰りにダンナのゴルフシューズを買いに何箇所かゴルフショップを回ったのですが、
ゴルフって金かかるねーってのを再認識しました。
私は何事も形から入りたいタイプなので、道具が揃えられない以上、ゴルフはしないでしょう。
で、ゴルフシューズですが、いろいろタイプがあるんですね。
スパイクレスやソフトスパイクといったスパイクの種類や、
ヒモで結ぶんじゃなくてグリグリダイヤル回してワイヤー(?)で締めんのとか、
国産メーカーのA社のシューズは特に幅が広いとか、そんなところは結構面白かった。
やっぱ日本人(のおっさん)は足幅ひろいのだな。
そして、旦那の足が結構幅広であるということも分かった。
私の日常生活になんも役立たないのが残念である。

そんな、私にしては密度の濃い1週間でしたが、
今週はもうちょっとシリアスに頑張らねばならぬウィークなはずなので、
頑張ります。

[PR]
# by sadacyo | 2017-09-25 16:41 | Comments(0)

2017.08.28. ダメな人で、イヤな人

現在履歴書なんつーものを書いている。
おそらく1994年以来、23年ぶり3度目である。
ネットで『年号早見表』的なところを検索し、
それに従って入学、卒業、入社、退社を記入していく。
ここまではどうってことない。
事実関係を書くだけだから。
立派な学歴、職歴はないが、まあこんなもんでしょ。
さて、右側である。
『資格・免許』に関しては、
まさに履歴書のために取ったと言っても過言ではない、
「普通自動車免許」があるっ!!
ピッカピカのゴールド免許(ペーパー)である(履歴書にはカンケーナイが)。
その他はなんもないが、1個あれば最低限はクリアだ!(と自分に言い聞かせる)
問題は『趣味・特技』である。
本当にない。
ネットで「履歴書 趣味がない」で検索したところ、
『「本当に趣味がない」という人はいないでしょう』
とか書いてあったりして、
まじか! どんな人でも趣味あんのか? つか、どのレベルから趣味なのだ?
とか、一層の混乱を生む羽目になった。
とはいえ、混乱していてもラチがあかないので、
多少の誇張はOKとし、キング オブ『無難な趣味』であるところの
映画鑑賞、読書に絞る。
就活サイトによると、それら無難な趣味を書く場合は、
『好きな作品など具体例を挙げておくこと』が重要らしい。
というわけで、

好きな映画監督:エミール・クストリッツァ
好きな作家:町田康、舞城王太郎、ジョン・アーヴィング

採用したくない人だよねー、これ。
暗いし、めんどくさい。
『好きな映画監督:エミール・クストリッツァ』はマイナー感が強すぎるので、
もうちょっとなんか……程よく明るいメジャーなチョイスに変更して、
『舞城王太郎』は外そう。
町田康は……芥川賞作家、だったっけ?
ウィキさんに聞いてみたらちゃんと芥川賞作家だった。
『2000年に小説「きれぎれ」で第123回芥川賞受賞。』って書いてある。
「きれぎれ」ってどんなんだっけ?つーんであらすじを見てみたら、読んでないっぽい。
あはははは。
まあ、そんなもんだ。
しかし、映画監督と作家のチョイス次第では
明るさがぐっと出てくる可能性もなくはない。
明るさって言えばラテン系? つーことはヨーロッパか南米? つーわけで、

好きな映画監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
好きな作家:町田康、ガルシア・マルケス

まず、南米≠ラテン系 である。
しかもホドロフスキーはロシア系だし、『サンタ・サングレ』と『ホーリーマウンテン』しか見てない。
『サンタ・サングレ』はすっごい好きだけどな。
ラテン→南米→映画監督つー条件だけで引っ張ってきてはいけない。
表層的にはエロとグロだし、採用担当がホドロフスキー好きだったら完全にアウトだ。
そもそも明るいといえばこれはもうハリウッド映画だ!
アメリカ人だ!
明るい→コメディーといえば?
……ジョン・ランディス!(古い)
『趣味は映画』つーのは諦めよう。
好きな作家の方はというと、
権威(芥川賞+ノーベル賞)は増したが、それ以上に暗さが増してしまった……。
就活サイトによると「一人で出来る趣味は内向的な人だと受け取られない書き方がよい」と書いてある。
そんなこと言われても、内向的なんだよ、ワタシは!
というわけで、『映画鑑賞、読書』は外しておいた方が無難なのではないか? という結論に至る。
次にありがちかつ無難な趣味というと『旅行』である。
旅行なら、少なくとも一人旅じゃないしな(所詮同行者はダンナだけど)!
海外旅行に絞ると、どこも行ったのは結構昔なので、忘却加減がやばい。
であるならば、比較的記憶のフレッシュな旅の記憶はどこなのか、
というと今年の夏に阿波踊りを見るために行った徳島(香川)である。
しかし、国内旅行が趣味っつーと、うっかり面接官がそこの出身だったりするケースがあるかもしれず、
突っ込まれると海外よりなおヤバい。
なお徳島、香川のぱっと浮かんでくる記憶つーと
●金毘羅さんは疲れるけどいい感じ(徳島)
●人気のうどん屋は並ぶが、うまいところはうまい(徳島)
●並ぶのは暑い(夏限定)
●ことでん(琴平電鉄)かわいい(香川)
●改札が自動改札じゃなくて、紙の切符を『例のハサミ』でパチン!ってしてくれる!
●でも昔の改札の人みたいにハサミでチャンチャカリズム取ってないところが残念!
●そんな感じで、徳島も香川も全体的にいい感じ(ぼんやりしてんなー)
己がアタマの作りが憎い。
電車絡みのネタが多いし。
もうちょっといい感じの感想でないのかねー。
そもそも旅行嫌いじゃないけど、誘われれば行くぐらいで、能動性ゼロなのである。
というと、
やっぱ読書あたりが無難だ。
すごく好きな作家チョイスは暗くなるからそこそこ読んでるほどほど好きな作家とかあげといたほうが無難かねーつーと誰かねー?
吉田修一あたりってどうよ(昨日まで読んでた)?
結構読んでるし、なんかギリ良さげ? 映画化されたりしている人気作家だし?
そうそう、このラインだよ! このぐらいの、内容が暗い作品でもメジャー感!
もう一人ぐらい、できれば女性作家とかあげたいねー。
乃南アサ、津村記久子、絲山秋子あたりならほどほど読んでるかな……。
でも、「好きな作家は?」って聞かれてこの辺が一番に上がってくるのは嘘くさいなー。
やっぱ「チョイスから自意識が透けて見える系の趣味」はやめといた方がいいような気がするんだよねー。
ああ、こんなことになるなら御朱印でも集めておけばよかった。

で、結局どうするのか、というと、どうしようか?
困ったなぁ。
本当にセケンの皆様って趣味あんのかなー。
趣味ってなんじゃろなー。


[PR]
# by sadacyo | 2017-08-28 17:05 | Comments(0)

2017.08.01. どくごかん

絲山秋子の『薄情』。
いつもの通り、
さほどハッピーにもならず、
さりとて絶望のどん底にもならず、
程よいフコウとささやかなシアワセ、
ちょっとしたアクシデントの日常もの。
ハッピーエンドが嫌いな自分ってイヤな人なんだろうなーって、
絲山秋子の本を読むとよく思う。

舞城王太郎『淵の王』
5 ページぐらい読んで気がついたんですけどね、
以前読んでたね。
なんだけど、展開もラストもぜんぜんおもいださないのでフツーに読み進んで行く。
いくら読み進めて行っても、
既読感はあるものの、先の展開を全く思い出さないので、
もしかして途中までしか読んでないとか?
って思ったんだけど、最後まで読んだら、
「アーこれ読んだわー」って思い出したよ(←おそい)。
面白くないとは言わないが、
個人的にはコレジャナイ。
さおりの章と果歩の章までは面白く読めたんだけどね、
悟堂の章がなんかねー、好きじゃない。
ハッピーエンドだからか(ハッピーエンドなのか?)⁉︎
いやいや、舞城のよさはハッピーエンドだから。
割と全体的にテンション低め(登場人物の行動はテンション高いけど)。
ホラーっぽいのが合わなかったのかなぁ。
理解してないだけかもしんない。
でもいいの、娯楽だから。
もしもう1回ウッカリ借りて来ちゃったら、
その時はよ〜く考えます。

真梨幸子『私が失敗した理由は』
残念ながら、最後まで読み進める程度につまんなかった。
『アルテーミスの采配』を読んだ時も感じたんですが、テレビドラマ風の安っぽさを感じる。
その気楽さがよさでもあるんでしょうけど、ちょっと安易すぎないっすか?
登場人物がみんな都合よく関係者(よくありますけど)で、人物のエグ味や狂気に深みがなくなったっつーか。
こっちが慣れちゃったのかな?
オチもしょーもなかった。
ぼちぼち真梨幸子とはサヨナラかしら……
……おや、誰か来たようだ。
[PR]
# by sadacyo | 2017-08-01 15:04 | Comments(0)

2017.07.26. 祇園精舎のアレ

お気に入りのブログを読むのに利用していたRSSリーダーがサービス停止することになった。
これで2度目である。
1度目は5年ぐらい前でしょうか、サービス停止のお知らせを見逃していたため、
購読リストをエクスポートすることもできず、ある日パッタリ表示されなくなった。
仕方がないので、新天地を探し新たにリストを作りつつ、
すでに更新されなくなっていたブログを整理した。
その時点ですら結構多くのブログが更新を停止していた。
今回はサービス停止前に気がついたので、リストもエクスポートでき、
使いやすそうなアプリを探してとりあえず無事引っ越し完了したのだが、
リストの半分近くのブログが更新を停止していたのに気がついた。
もうRSSいらなくね?って思ったのだが、
使わないなら使わないでいいんで、っつーことでとりあえず残してある。
そんなことがあって、もはやブログ書いてんのって希少じゃね?って思うわけです。
TwitterとかFacebookとかinstagramとか、
みーんなそっち方向に移行(もしくはSNSやめちゃった)しちゃったよね。
つまんないなぁ。
[PR]
# by sadacyo | 2017-07-26 16:11 | Comments(0)

2017.07.23. スパニッシュグラフィティ

家の近所に、おそらく元はなんらかの店舗か倉庫と思われる、常にシャッターが降りている建物がある。
この地に暮らし始めて10年以上になるが、
一度もシャッターが開いているのを見たことがない。
年寄りばっか住んでいるようなこのエリアといえども、閉まりっぱのシャッターがあればやっぱり落書きされちゃうわけで、気がつけば黒のスプレーで、いわゆる「グラフィティアートっつったらアレでしょ」てなやつのなかでもかなりクオリティの低い、もこもこした文字っぽいものが真ん中にドーンと書かれちゃっている。
アルファベットっぽいことは確かなのだが、クオリティが低すぎてなんて書いてあるのかはわからない。
通りを挟んでその家の向かい側には、スーパーマーケットがあり、
買い物帰りは車が途切れる隙を見て、その通りを渡って家に帰るのだが、
車通りが多いと結構長いこと車列と、そのシャッターを眺める羽目になる。
で、先ほどまさにぼんやり車とシャッターを眺めつつ、通りを渡るタイミングを計っていたのだが、
なんかシャッターの落書き増えた?
向かって右上に、「いわゆるグラフィティ」感すらない、強いていうとヤンキーの「夜露死苦」的な、でも書いてあるのは漢字じゃなく、メモ書きのようなラフさで書かれた大文字のアルファベット。
LECHE
スペイン語の「牛乳(milk)」である。
これは非常〜〜〜に重要単語!
スペイン語圏でコーヒー飲む際にはこれ気をつけてないと、
ミルク(クリープ的なもの含む)ガンガン入ったコーヒー出てくる場合があるから。
ミルクなしならsin leche、ミルク入りならcon leche。
コレ超重要!!
で、話しを元に戻すと、
いったい誰が、何故「牛乳」と、スペイン語でかいたのか。
これはもうね、ズバリ!近所に住むスペイン人(がいるかどうかは知らないが)によるお買い物メモだと思うのですよ。
なんせスーパーの真ん前に「牛乳」ですから。
いっつも牛乳買うの忘れちゃうのよね〜って。
見えやすいところにメモっとこって。
やり方が豪快なのはお国柄。
でも、シャッターにメモっちゃダメだゾ!

e0033014_00114482.jpg

なお、海外で水を買うときは
ガス入りかガスなしか、ちゃんと確認しよう!

[PR]
# by sadacyo | 2017-07-23 18:46 | Comments(0)

2017.07.20. 読書(予定)

クッソ暑い日が続いておりますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
2日前まで暑さで熟睡できず、
かといってエアコンでキンキンにしても寝られず、
もう人生真っ暗だよ! なんて絶望の果てに立ち尽くしていたのですが、
一昨日からエアコンをつけずに扇風機だけで快適に眠れるようになりました。
暑さに慣れたんですかね?
相変わらず仕事もなく、
生きている意味は微塵も感じられないのですが、
まあ、死ぬまで生きるしかないよなーって感じで、
唯一天から与えられた使命であるところの、
ウニのお世話をせっせとする毎日です。

そんなわけで、やることもなく、
とはいえ1日は24時間もあったりするわけで、
どうにか潰していかねばならんわけです。
で、手頃な時間潰しといえば読書です。
久しぶりに図書館に行ってきました。
しばらく行かないうちに、ちょっと蔵書が変わっていました。
絲山秋子の『薄情』と、
舞城王太郎の『淵の王』、
そして真梨幸子の『私が失敗した理由は』
の3冊を借りてきました。
近所の図書館は、私の好きな作家はなかなか新刊が追加されない傾向があり、
中でも絲山秋子はずいぶん長いこと追加されていなかったのです。
角田光代とか西加奈子なんかは結構入ってる気がすんだけどなー。
なんだかねー。
つか、買えばいいんでしょうけどね、
本屋遠いし、
本(つーか物全般)が増えるのやだし、
……ごめんなさい。
そんなわけで「絲山秋子入ったー!」って感じで、それだけで図書館に行った甲斐があったというものです。
舞城王太郎は、この暑い中、集中力も低下していて読めるかどうか、読む気になるのかどうか、微妙ですが、エアコンつけてどうにかしたいと思っています。
真梨幸子はまあ、なんとなくっつーか、
好きですけどね、
そこそこ読んでますけどね、
抑えっつーか保険っつーか、
舞城にめげた場合の「サクサク読める要員」として入れてみました。
たった3冊とはいえ、
私は読むのが遅いので、
返却日までに読めるか微妙なところではあるのですが、
読み切りたい所存でございます。









[PR]
# by sadacyo | 2017-07-20 18:42 | Comments(0)

2017.05.31. 有職引きこもりから無職引きこもりへ?

今年に入ってから仕事らしい仕事をしていない。
この空気、もしかして、干されたのかしら? って感じがしないでもなく。
つーか、むしろ干された感が強い。
で、ちょっとやばいので、クラウドソーシングっつーんですかね、
インターネットでお仕事マッチング! てなところを覗いたりしているわけですが、
なんか絶望的な気持ちになるんすよ。
まずね、「デザイナー」とか「DTP」とか、そんなキーワードで検索してもね、
inDesign使いなんか必要とされてないんスよ。
まあ、そうだよね。
フツーその手の仕事って人間関係で引っ張ってくるもんだよね。
私だってここまでそうしてきたわけだし、
発注する側からしたら、どこの何もんだかわかんない人物に、
ボリュームのあるページものなんか発注できないよね。
いやー、使えないわー、ワタシ。
人間関係をぶっちぎって生きるとこういうことになるのね〜。
別にね、イラレが使えないわけじゃない。
イラレが使いこなせるわけでもないけど、「3Dイラスト描け」とか言われないレベルならどうにかできる(画力は置いといて)。
でも、使いにくいんだよなー。
まあ、そんなんはどうでもいいんだけど、
それ以上に絶望的なのは、そのギャランティの低さである。
はっきり言って、私が今までやってきた仕事も安い。
単価で考えたら激安っつーレベルです。
でも、書籍1冊作れば、主婦のパートだと考えればいいのではないか、ぐらいにはなった。
でもクラウドソーシング仕事って、ロゴ制作、チラシ作成みたいな小物グラフィックが多いこともあって、
どんだけ働けばまとまった金になるんだよ!っと叫びたくなるような金額しかないのね。
いやー、世の中なめてたなー。
斯くなる上は、デザイナーやめようかな、って考えるわけなんですが、
うっすら気付いてたけど、私、いったい何ができるんでしょうか?

  • 対人スキル低め
  • 非フレンドリーな性格
  • 特殊技能なし
  • パソコンスキル微妙(ウィンドウズは使ったことない上に、エクセル・ワードもテキストをコピペする程度にしか使っていないので、「使えます!」とは決して言えない)
  • 自動車運転免許は持っているものの、超ペーパー(つか、もはやどうすれば動くんだっけレベル)
  • 気がつけば50歳間近という微妙なお年頃
  • 職歴はデザイナー以外なし

使えねー。
でね、何の特殊技能もないのならいっそ「パーツ組み立て」とかどうよって思ったのね。
単純作業好きだし、結構この手の作業向いてるカモよ? なんてね。
大昔に読んだ原田宗典のエッセイだったと思うのだが、
著者が大学生の時に肉まんに食紅で点をつけるバイトが散々だったって話があったのだが、
それを読んだ20代(10代?)の私は、「そりゃ気ぃ狂うよなー」って思う反面、
心の中では「私は結構イケる気がする」って思ったのを思い出しまして、
そういう単純労働が好きな人間が、よくデザイナーなんてやってきたよねーと、つくづく思うのでした。

まあ、それはともかく、なんか仕事しないとねー。
生きるって辛いのねー。

[PR]
# by sadacyo | 2017-05-31 14:31 | Comments(0)

2017.03.14. 「欲しい」って何だ

ここ2週間ほど、欲しいものがある。
「35メカトロウィーゴ」だ。

それはネット上をうらうら彷徨っていて発見した。
発見したページには、児童の通学などを想定して作られたロボット、と書いてある。

どっかのロボット工学的な研究所の試作??
なんだかさっぱりわかんなかったので、さらに調べてみたところ、
フィギュアだそうだ。
なーんだ、って思った、最初は。
実は今も、思っている。
なんだけれど、ふとした瞬間に思い出したり、
アマゾンさんからオススメされた(検索しまくった)りして、
そんな時、欲しいかもー?、とゆる~く思うのだ。
基本的に、置物は所有しない方針で生きている(例外も結構あるが)。
それが生き物やそれに類する外観を持つ場合は特に、
情が湧くと処分するときに困るから、極力持たないようにしている。
だが、パンダとロボットは別だ。
いや、全然別じゃないんだけど、
禁を犯してでも欲しいと思うことが、
割と多い。

これが、プラだったりソフビだったりしたら
「へー、かわいいねー」で終われたのだ。
現に同じデザイン(スケールやギミックが違ったりするらしい)で
プラモやソフビのものもあるのだが、そっちはそそられない。
欲しくなっちゃう理由の一つがダイキャスト製なところなのである。
ダイキャストっちゅーのは、ミニカーなんかで使われている金型鋳造法のことで、
つまり、金属製である。
ちょっとずっしりするのである。
ほら、欲しくなるでしょう?
残念ながら、ほとんどの人が欲しくならないってことも、承知しておりますとも。
でも、私はこの2つ(ロボ+金属)の組み合わせで、がっつり欲しさがアップしちゃうんである。
ヨタヨタでいいから自走機能が付いていたなら、
アマゾンで見つけた時点でポチってる(たぶん)。
お値段はだいたい3000円代~6000円弱(カラーリングなどによりちょいちょい違うっぽい)で、
フィギュアの相場的なことはよくわからないが、たぶん高からず安からずってところなのでは。
買えない金額ではない。
でも、幸か不幸か自走しないので、購入ボタンを押すには勢いが足らない。
各パーツ、ちょいちょい動く(いわゆる可動フィギュア)らしいが、
フィギュアにポーズとらせて可愛い写真を撮ってインスタにアップしよう(うふふ)
的なことには興味がないので、
その程度の可動は必須ではあるが(ロボットだから)
へー、そう、手足動くのんだー、って感じでしかない。

画像じゃなく、実物見たら
買う/買わないの答えが出るんでしょうか?
どうする? どうする?
欲しい気持ちと、
その片隅にある「いらんだろ」って気持ちが
せめぎ合う。
勢力としては欲しい勢の方が多数派なのだが、
いらんだろ派は少数ながら強力なんだよなー。

つーか、
こんなどうでもいいこと悩んじゃって、
我ながら、シアワセな人だよね~(皮肉)。
[PR]
# by sadacyo | 2017-03-14 13:24 | Comments(0)

2016.02.15. 春の前触れ

今年も確定申告の季節がやってまいりました。
かれこれ20回近くやっていると思うのですが、
なぜ毎回、疑問が出てきちゃうんでしょうか。
なんで今更、「消耗品費と雑費の違い」なんて調べてんでしょうか。
今回、
「生命保険の満期で受け取った金は申告の必要があるのか?
また、ある場合は所得税なのか、贈与税なのか?」
という大きめのトラップがあったのですが、
ない脳みそを振り絞り、
全然アタマに入ってこないネットにより自力で解決に至たり、
ヨカッタヨカッタと思った矢先、
社会保険料控除証明書が見つからないという事態に陥りまして。
あっちこっち引っ掻き回してどうにか発見いたしましたが、
今までハガキできていた記憶があったのでハガキを探しまくっていたのに、封書だった……。
しかも、3年ぶんの控除証明書が同じ用紙にくっついてる。
ということは、あと2年、この紙を保存し、
なおかつ、これが社会保険料控除証明書であるということを記憶しておかなければならんわけで。
え~うそ~、絶対来年も「見つからな~い」とかやっちゃうよ~。
まあ、そんな感じで、各種私のガサツさをもれなく発揮し、
とりあえず申告書できた。
が、マイナンバー関係でコンビニまでコピー取りに行かねばならんらしい。
ほんっとに、マイナンバーってなんなんだ。
んなもんいらねーよ!
マイナンバー書かなくても問題ないという話もあるようだが、
反抗的な性格の割には書式には忠実でいたいというか、
お上に反抗すると無慈悲かつ横暴なコッパ役人がきて身ぐるみ剥がされるんじゃないかという、
絵面的に時代劇風味な妄想が脳内シアターで上映されちゃうもんで、
基本的に小心者な私は早々に権力に屈するのであった。
ともあれ書類はできた。
これを提出すると、春が来る。
[PR]
# by sadacyo | 2017-02-15 14:16 | Comments(0)

2017.02.10. どうでもいい話

仕事部屋に温かい飲み物を持って行ってもすぐに冷めてしまうので、
昔使っていた水筒に入れてみた。
飲み物は温かいまま保たれたが、
熱すぎて飲めなかった。 

e0033014_12592411.jpg


[PR]
# by sadacyo | 2017-02-10 12:57 | Comments(0)

2017.01.18. あけましておめでとうございます

今頃何言ってんだってな感もありますが、
今年も気が向いたときにぼちぼち更新していくつもりなので、
気が向いたときにお付き合いいただければと思う次第でございます。

早速ですが、年末から本日までのもろもろ。

昨年末、28日でしたかね、
Macの不具合が一向に改善しないので、
もうAppleさん修理してくんないかな〜
ってチャットでご相談させていただきましたところ、
修理するにしても、初期化して、原因箇所特定しないとね〜って事になりまして。
うすうす、っちゅーか、まあ、ほぼほぼそんな事になるよねって思ってた。
で、初期化ののち、クリーンインストールしたのね。
データはタイムマシンで外付けに保存してあるから大丈夫、
って思ってた。
クリーンインストールすると、タイムマシンも消えるのね。
あはははは。
念のため進行中の仕事データはタイムマシンとは別にコピーしておいたし、
このMacは2016年3月末に購入したものなので、失ったデータも少ない。
精神的なダメージはそこそこあったものの、不幸度は低めだ。
それ以前のデータは前のMacにあるからダイジョーブ!
と思ったら、2日前には何の問題もなく起動していた旧Macがウンともスンともいわない。
不幸度急上昇。
うちの仕事は、結構過去データ流用とか参照とか改変が多いので、
最低3年前のデータぐらいはないと困る。
とはいえ、この感じは電源ユニットの交換で直る、と思う。
ただし、もはや7年前のマシンなので、Appleさんは直してくれない。
で、ちょろっと調べたんですけどね、
電源ユニット交換の相場は4〜5万円ぐらいっぽい。
隠居させるつもりでいたものに5万とかヤダ〜。
つーんでさらに探したところ二万五千円までさげられそう。
で、年明けにダンナに車を出してもらって、修理する事になった。

そんなこんなでバタバタしつつも、
3月以降の入稿データを編集部におくってもらい(1点未回収)、
通常やらない大掃除を、ちょろっとしたりして、
新年バッチコーイてな感じの中、
腰と背中に何やら不穏な痛みを感じるのであった。

1日はダンナの実家に行き、
2日は鹿島神宮、息栖神社、香取神宮の東国三社めぐりをする。
香取神宮からの帰りの首都高で、お釣りが500円足らなかった。
首都高に1800円!
今度からお釣りちゃんと確認するまで走るの待ってもらおう。
つか、あのおっちゃん、絶対わかってただろ。
ちょっと違和感感じる程、領収書にお釣り包んでたもん。

そんな感じで正月休みは終わり、
さて、今年も始まったー!って、
ちょっと張り切って掃除、洗濯、アイロンがけを済ませたところ、
すんごい鼻水出るんですけどー。
鼻にティッシュ詰めてもあっという間に垂れてくるんですけどー。
翌日発熱。
久々の37度越え。
夕方には38度越え。
Max38.8度まで上がりまして、三連休は寝て過ごす。
年末より痛かった腰と背中も、まあ、ぼちぼちよくなっているか?てな感じではあるが、
寝返りを打つのがちとつらい。

7日にはダンナにMacを修理屋さんにもっていってもらったところ、
本体に問題はなく、使用環境の電圧低下では?っていわれたらしい。
その瞬間、ものすごく「あー!!」って、
「あー、あれねー!!!」って思った。
オンオフスイッチ付きの電源タップを使っていたのだが、
そのスイッチの光がすごく弱くなってたのよね。
取り替えようと思ってたんだけど、根元に手が届かなくて放置してた。
関係者各位におかれましては、ご迷惑おかけいたしまして、
まことに申し訳ございませんでした。

7日に愛車を車検に出したのだが、
車検以外にも、もろもろ整備してもらって、
お値段が20万弱……。
ぱんちゃん(愛車)、もうおじいちゃんだもんね。
とはいえ、まだまだ一緒にいろんなところ行こうね!!

そんなわけで、2016年3月以前のデータは無事だった。
新Macも旧Macも今んところ順調だ、たぶん
(ただ、新Macは、クルクルカーソルこそでないものの、
ちょいちょいスムーズじゃない)。
人間の方も、ぼちぼち。
風邪をひいてからウニがちょっと私を避けているような気がしないでもないのが気がかりだ。

そんなわけで、今年もよろしくお願いいたします。

e0033014_18015727.jpg

今年初投稿なのでバッチリカワイイウニの写真をアップしたかったんですが、
カメラの気配を素早く察知してコタツの中に逃げられてしまいました……。

[PR]
# by sadacyo | 2017-01-18 16:23 | Comments(0)

2016.11.10. コワ医者

1年ほど前から、とある眼科に定期的に通っている。
テキパキした女性院長と、
堺雅人風味の物腰柔らかな男性看護士(検査担当)と、
テキパキした女性の看護士2名(受付業務と時々検査)が主なメンツで、
堺雅人風味以外、もの言いがコワイと思うときもあったのだが、
物事ハッキリ言うところに好感を持たないでもなかったので地道に通っていた。

先月メガネ屋から「誕生日特典で全品10%オフ」っつーハガキが来て、
そのときかけていたメガネでは見づらくなってきたし、
新しく作ろうかなー、なんて思っていたところ、
かけていたメガネのパッドが取れちゃったので急遽メガネ屋に行くことになり、
10%オフの期限も1週間切っていたし、
何回も行くのめんどくさかったこともあって、
眼科医の処方箋なしで新しいメガネを作ってしまった。
あえてそれまでかけていたメガネよりガッツリ見える度数で作った。

それが先月末の話で、
今日、ドライアイの目薬をもらいに行き、
行きがかり上、新しいメガネをチェックされまして。
まあ、そう言うと思ってましたけど、
案の定「強すぎる!」って言われましてね。
しかもメガネのフレームの天地幅が狭すぎるって女性看護士にいわれまして。
前のメガネは明らかに平べったい形で、
初診の時から
「もう少し大きいものにせよ」
と女医に言われており、
「まあそんなご意見もあるかな、
次のフレームはちょっと大きくするかな」
とか思っての今回のチョイスだったんですけどね。
これよりでかいメガネって、
俗に言うアラレちゃんメガネしかないじゃん。
私はそんなメガネやだよ。
だいたい私は顔の幅と目の間隔が狭いから、
自分に合ったサイズのフレームって結構限られるんだよ。
メガネは顔の一部だよ!
なんかね、言われたこと自体は大したことじゃないんだけど、
帰る道すがら、「もう、眼科変えよう……」って思ったね。
定期的に通うには精神的な圧迫感が強すぎる。
で、家帰ってからネットで近隣の眼科を調べたんだけどね、
どこも希望よりちょっと遠い。
自転車で15〜20分ぐらい(坂あり)か?
まあ、我が家から5分程度行けば、東西南北どっちだろうが、坂なんですけどね。
近所にちゃんとした眼科できないかな〜。
年寄り多いから、そこそこ患者さんくると思うよ?
空きテナントもそこかしこにあるし、
オススメだよ!

e0033014_15123025.jpg

上/新メガネ、下/旧メガネ

[PR]
# by sadacyo | 2016-11-10 13:51 | Comments(0)

2016.10.13. 近況(長いスパンで)

ご無沙汰しております。
更新しようと思ったことは何度かあるのですが、
ログインパスが思い出せなかったので放置。
パスワードってどうにかならないもんかね?

気がつけば冬である。
一般的にはまだ冬ではないのかもしれませんが、
私の体感的には、ここ数日寒い日が続いたので、もう冬なのよ。
とくに私の仕事部屋は、夏は過ごしやすくていいのだが、冬は最悪である。
東京23区内なのに、仕事部屋だけ室温が八王子の外気温クラス。
うっかりフツーに室内のつもりでTシャツ+シャツ+パーカーの装いで仕事してたら、
体の芯がひえひえになっちゃっていて、肋骨付近が寒いです。
ブルブルです。
ウニも寒がってんじゃなかろうかと、先ほど見に行ってみたのですが、
「なに?」ってかんじで。
さすが、毛むくじゃらなだけはあります。

せっかくログインしたのに寒さの話していてもしょーがないので、
以下、思いついた順に近況(というには結構な時間が経過している事案もアリ)です。

●春に買ったiMac、メモリ増設するも相変わらず不調。
inDesign CC2015重すぎ。

●不要ダンボールを捨てるタイミングを逃し続けてはや3ヶ月。
回収場所になっているお宅に怒られるのを恐れて前日夜にだせず、
また、雨の日は回収に来る人も大変だろうと遠慮していたら……。
来週こそは! と意気込むも、ダンナが不在で、つまり朝は早起きしないとおもわれるので、見通しは暗い。

●下り坂にて自転車で転ぶ。
結構派手に転んだと思いきや、左膝、右肘、右肩、右頬の擦過傷のみ。
自転車も走行に問題なし。
ただし、メガネがかけられないほど歪む。
買い替え覚悟で眼鏡屋へ行ったら、普通に使える程度に直ったが、
なんかちょっと掛け心地が悪いかも?
今月は誕生日月で、全品10%OFFになるらしいので、買い換えようかと考え中。
今かけているメガネは、塗装を変えることもできるらしいので、そっちも検討中。
なお、眼鏡屋にパンプス履いて行ったら両足ガッツリ靴ずれする。
現時点で、右肘と右肩以外は靴づれも含め完治。

●今年は自動車運転免許の更新である。
仕事先にマイナンバー関連のアレで免許証をコピーして送ったのだが、
久々に見る免許証の写真にびっくり。
……なんだろう、この違和感。
なんかヤバイ。

●というわけで、免許証の更新のため、美容院に行った。
免許証の写真を『程よく』するのが目的なので、カットのみ。
で、美容師の指定をしなかったら初めての人で。
その人さー、スゲーしゃべんのよー、つかエグザイルに憧れてんすか?っつー感じでチャラいのよー。
ちなみにそんなに若くはない模様。
ずいぶん前に書いたカルテの「あまり話しかけて欲しくない」にチェック入れたはずなんですけど。
でね、「全体整えるぐらいでいいです」っつーたのに、アレコレ聞いてくるうえに、
「がっつりショートの方がカワイイと思うよー」とか、それなりに切りたいイメージがあるらしい。
「カワイイ」方向は目指していないんだけど、と思ったが、とりあえずスルー。
そもそもノーイメージで行ってるんで、
「全部任せます。どうなっても文句言わないし、泣いたりしないんで、
バーンと、短くしようが長くしようが、思うがままにやっちゃっていいっす。」って言ったのね。
そしたら「いいっすか? オレ、おもいっきりやっちゃいますよ?」って、
さもすっごい斬新なことやりそうな、自信満々な返答が帰ってきまして、
おう! 望むところよ!! ってな方向でお任せしまして。
で、切っている間もすっごい話しかけるんですよ。
うるせーよ、ともいえないし、メガネ外しているんで、雑誌なんか読めないし、
まあ最近人と喋ってないし、カットだけだしな、ということもあり、
ほどほどに会話をして、そんなに時間かからずに終了。
いったいどんな仕上がりなのかと(メガネないと鏡に映っている自分の顔すら判別できないのだ)、
まあドキドキしながらメガネをかけて見てみたわけですよ。
……切る前とほとんどカワンネー。
ポジティブに考えれば、センスがちかいかも?
※前回は気に入らなくて、家に帰ってから前後左右結構な量を自分で切りなおした。
次回、彼を指名するかどうかは未定である。

●髪の毛も切ったし、免許の更新でも行くかね! って、
ほどほどの行動力をしぼりだしたところ、新規で仕事が入りまして、
現在動いていないが終わっていない仕事が2本あり、
そのうえちょいと旅行にいく予定もあるので、
入った仕事は即片付けておきたいわけで、
とりあえず仕事を優先する。

●ガン○ム オリジンのアニメの関連のちょい仕事で、
キャラ画像が来ましてね、ポコポコ配置していくんですが、
なんかさあ、シャア、全体的にぬるぬるしてねえ?
アムロとガルマがものすごくばかっぽいのも印象的である。
設定画だとおもうので、動画でもぬるぬるしていたり、バカっぽかったりするのかは不明。
おばちゃん、最近のアニメの絵が苦手なのよ。
なので、なんか評判がいいけど「君の名は。」は観に行く気がしないのだ。

●そういえば「シン・ゴジラ」観た。
おもしろかったけど、ゴジラかわいそうっておもっちゃいました(幼稚園児並みの感想)。
ダンナはあの「石原さとみ」が受け入れられなかった模様。
ワタシは全然、ああいうのはああいうモンでしょ? って受け入れられました。

そうこうしてたら冬ですよ。
もう自転車乗るのヤダー!
サムイー!
歩きやすい靴がナイー!

靴といえば、気がついたんですよ。
ワタシ、自分の足のサイズを23cm〜23.5cmだとおもっていたのだが、
実は23.5cm~24cmっぽい。
ここんところ先っちょの尖ったパンプスやら夏のサンダルやらしか買ってなかったんで分からなかったんだけど、
どうやら実際は日本人の平均的な足と比べると、
けっこうなレベルで、幅が細く、指が長く、甲が薄いようだ。
(そう書くとなんだかカッチョ良さげだが、実際はカエルの足に似ている)。
その結果、先っちょのとんがったパンプスなんかは、
本来足が入っていくことを想定していないところにも足が入るため、
23cmで履けているっぽい。
というのも、ここんところ買った先っぽがさほどとんがっていないブーツやスニーカーが、
なんかミチミチなわりに足がホールドされなくて履き心地がよろしくない。
足に合った靴がないから外歩きたくない。
そんなんで、ひきこもりに拍車がかかっている。
もう寒いしね。
とはいえ、免許の更新だけは絶対にしなければならないのである!

意外に書くことあったね。
では、いつの日か、気が向いたときにまたお会いしましょう。
[PR]
# by sadacyo | 2016-10-13 18:38 | Comments(0)

2016.07.25. 進歩

一昨日、昨日は京都で、
今朝、目を覚ましたところは滋賀県で、
お昼頃には姫路城、
そして今、午後7時半過ぎだが、
東京の自宅でゴロゴロしている。
新幹線ってすごいねぇ。
なお、姫路城には黒猫がいっぱいいた。
一匹こっちに向かってきて、
「ニャー」って言ってくれた。
ウニはお留守番だったのだが、元気。
ご飯ゲロってたけど、元気。
ウンチョスを砂に埋めないけど、元気。
つか、埋めて。
[PR]
# by sadacyo | 2016-07-25 19:34 | Comments(0)

2016.06.15. 今日のウニ

e0033014_22435632.jpg


[PR]
# by sadacyo | 2016-06-15 22:43 | Comments(0)

2016.06.09. さがす日

現在目医者に通っているのだが、
ちょっと大量に目薬を処方されまして、
薬局の在庫がたりなかったんで、取り寄せを頼みましてね、で、さっき取りに行きまして。
「今度からお薬手帳持ってこないと割高になるからね」
「はーい」ってなやりとりをして帰ってきたのですが、
まあ、ありがちな話で、
お薬手帳なんてずーいぶん前にどっかでもらったのは確かなのだが、使ってないわけでして。
ヤベーなーなんて思いながらも、多分あると思われる場所を探してみたところ、
「私のお薬手帳」だと思っていたものが、「ウニの健康手帳」であったことが発覚。
とはいえ、捨ててはいないと思うので、ありそうな場所を探したんですが、ないんですよ。
で、記憶の引き出しをあけてったところ、
ぼんやりと、確定申告用の領収書を整理している映像が浮かび上がってきたわけです。
領収書にかぎらず、とりあえず保存する必要があるっぽいものを全て突っ込んでいる箱の徹底整理をするのだ! 
とばかりに、ウン年前の領収書やら納品書やらをガッソリ捨てている私の姿が。
うーん捨てたかなー?
捨てたっぽいなー。
というわけで、次回、「お薬手帳なくしちゃったみたいでー(テヘペロ)」っつー申告をする必要が出てきたわけです。
大したことじゃないけど、いかにもテキトーな人っぽさが恥ずかしい。
実際テキトーな人なんですけどね。
薬局変えるかなー。
つかさー、長期的に内服する薬じゃないんだからいいじゃんねー。
もーめんどくさいなー。

……なんてなことを思いながら、入手した目薬をさそうとしたわけです。
目薬を一本(1回ごとの使いきりタイプなのだ)取り出し、
今日挿す分の3本を別の小袋に入れかえて、
パキッ(蓋をひねり開ける)、ポタポタ、溢れた薬液をティッシュでふいて、容器をゴミ箱にポイして、30秒目をつぶって。
さて、眼鏡をかけようとしたろころ、 眼鏡がない。
眼鏡なしで歩き回った記憶はないので、手の届く範囲にあるはずなんですがね。
すぐ脇のテーブルの上にはない。
その横の棚の上にもない。
目薬の置いてある棚の上にもない。
普段座っているクッションの上にも、ダイニングテーブルの上にもない。
今日来ている服にはポケットはない。
上記の各所(半径2メートル弱の範囲内)を4、5回、
目視ではなく、手で触って確認したけど(はっきり見えてないから)、やっぱりない。
記憶を手繰ると、今挿すための目薬を取り出して、3本を小袋に入れ替えるところまでは、
パッケージの文字がくっきり見えた記憶があるので眼鏡をしていたはずだ。
ということは、小袋があるところから、今現在たたずんでいる地点までの移動ルート上(移動距離1メートル程度)に眼鏡はあるはずだ。
ありそうなところは何回も見たとはいえ、ぼんやりしか見えてないから、実はあるじゃん、てな可能性も高い。
とりあえず、もう少し視界をはっきりさせてから捜そう、というわけで、一度現場を離れ、
やや度数があっていない別の眼鏡を取りに行き、
少なくとも、ものの輪郭がシャープに見える状態で再捜査したのだが、
やっぱないんだよなー。
でも、ないはずないんだよなー。
ないはずないなら、あるわけで、手の届く範囲、眼鏡を置ける場所を再検討する。
一般的に語られる眼鏡ユーザーによくある話として、
眼鏡がないと探し回っていたところ、実は頭の上にあったというやつがあります。
思いついた時は「おおっ」っと思ったんですけどね、
よく考えたら、そんなこと普段しないし。
実際なかったし。
まいったなー。
ダンナが帰ってきたら探してもらうしかないかなー(おそらく10時間ほど後)。
ほぼ諦めつつ、それでも諦めきれず、現場百遍。
通常なら決しておかないソファの座面の上、肘かけ、
ソファにあるブランケットも広げて確認。
もはや万事休す……! と、そのときです。
ソファの脇にある小さい棚?(小机?)の上の、白い雑誌の上にあるではありましぇんか!!
眼鏡のフレームが白いから、白いものの上に置いちゃうと見えにくいんだよねー!
めでたしめでたし。
のはずだったのだが、こんどは履いていたはずのスリッパが見つからぬ。
眼鏡外している時に這いつくばったりしていて脱いだのだ。
もうさー、今日一日、なんか探して終わるんじゃねー?
[PR]
# by sadacyo | 2016-06-09 14:17 | Comments(0)

2016.06.05 今日のウニ

e0033014_13284534.jpg



[PR]
# by sadacyo | 2016-06-05 13:27 | Comments(0)

2016.05.19. ナイーブ

世間がゴールデンウィークに突入したころ、
私は仕事のごたごたで、絶望のどん底にいた……というほどのことでもないが、
もうね、話だけだとどうしていいかわからないほど否定されまくるんですよ。
デザイン案を出したら「上司が見るに値しないって言ってます」とまでいわれたのよ。
最終的には出した案をベースに着地するんで、なんなんだよっつー感じなんですが、まあこの辺のことはどうでもいいの。
問題は、この期間、うまく眠れない日々が続いたっちゅーことなのだ。
生きる喜び=寝ること
と言っても過言ではないぐらい寝るのが好きであるこのワタクシ。
外出した際など、マクラの高さやマットの硬さなどによっては、どこでも寝られるとまではいわないが、
寝入るまでの時間はおおむね短く(多分5分以内)、
寝入ってしまえば朝までグッスリという快眠人間なのに、
このころ、ぜんっぜん眠れなかった。
寝入るまですくなくとも2、3時間。
そこからもウトウトすると目がさめるというのを何回か繰り返し、そうこうしているうちに朝になる。
運動不足が原因カナー?なんて思っていました。
起きても全然疲れが取れていないし、快適な眠りが得られていないという認識から来るストレスが溜まりまくり。
そんな中、2度目の「上司が見るに値しないって言ってます」発言をいただきまして、
上司はともかく、アナタ(担当編集者)とは何回かのやり取りの中OKもらってますよね?
それはなんだったのよ、つか、デザイン以前に内容がちがうっつーのは、
こっちの問題じゃなくて、上司とアナタの問題じゃないですか?
的な話をしまして、結果、ワタクシがブチ切れまして、
テメーらの都合など関係ないわ!
私は旅行に行く!
まあ、それ以前にどっかでお休みもらえませんか? とは打診していたんですが。
つーことで2日間仕事放棄(たった2日かよ)してダンナとともに愛車パンちゃんで火焔式土器などを見に長岡へ。
見学した博物館にあった『埴輪と土偶+土器&青銅器ガチャ』で、
火焔式土器がほしかったにもかかわらず、
以前よそで入手済みの祈りの土偶1コと、
銅鐸3コ、踊る埴輪(男)1コを引き当てるというアンラッキーはあったものの、
お天気も良く、概ね楽しい休日を送って帰ってきました。
それ以降もなんか変な修正は入るものの、
こっちはもう気持ちが切れているので言われるがママの、最低限の修正をして、
とっとと終わらせることしか考えていないのですが、
ふと気がつくとちゃんと眠れてるじゃないですか!
とはいえ、通常ほとんど夢を見ないのに、賽の河原的不毛な展開の夢を立て続けに見ているあたり、
まだまだストレス抱えてんのねーって感じではあるのですが、ともあれ眠れているというのは幸せだ。
で、振り返ってみると、ここ1〜2年、仕事がうまくいかないと睡眠に影響が出ているような気がする。
若い頃はそんなことはぜーんぜんなかった。
仕事がうまくいかず、編集者ともめまくったことは何回かあるし、
どうにもならなくて、その仕事から降ろさせてもらったこともある。
でも、ぜーんぜん眠れていた。
ココロが弱くなってんのかなー?
と思う一方で、
若い頃はなんも考えてなかったんだろうなー
とも思うのです。

ところで、連休とは関係なく、後日ダンナが一人で1泊旅行に行きまして。
私だって行きたかったけど、町内会費の集金に回らなくちゃならないんだよ、
とかまあ、その辺のことはいろいろあるんで割愛しますが。
で、火焔式土器ガチャに再チャレンジしてきたようなんですけどね、
銅鐸1、踊る埴輪(女)2、銅鏡2、馬埴輪1、遮光器土偶1という成果でした。
火焔式土器でないね〜っつーのもさることながら、銅鐸出すぎだろ。
置物とか、基本的には家に置きたくないんですが、なんかついつい欲しくなるこの手のガチャ。
おそらく火焔式土器が出るまで、見つけたらチャレンジするんだろうなぁ。
最終的に銅鐸は何個になるんでしょう。
銅鐸5個で火焔式土器1個と交換! とかいうシステムはないんですかね。
[PR]
# by sadacyo | 2016-05-19 14:16 | Comments(0)

2016.04.15. 我が家的キューバ危機

実は、結構長い事ハバナクラブ(ラム酒)を地味〜に探しているのだ。
ネットで探せばあるにはあるが、送料払うのやだなーってなわけで。
ええ、ケチなんですよ。
以前はうちの近所の某酒屋チェーンで扱ってたんですけどね、
こないだ行ったらなかったの。
そもそもラムってどこもあんまり品揃えがなくて、
スーパーなんかはだいたいマイヤーズかバカルディなのだ。
ちょい前にたまたま新宿へ行ったので、
小田急と京王の酒売り場を見てきたんですが、ないの。
確か京王はマイヤーズでもバカルディでもない銘柄のがあったけど、
欲しいのはハバナクラブなのでスルー。
他のお客さんがその前にいたので、あんまりよく見れなかっのだが
ラベルがすっごくダサかったような記憶(隣に置いてあった別のお酒かもしれない)。
伊勢丹まで行けばあるんじゃね? とも思ったんですが、
すでに夕方だったし、めんどくさかったので行かなかった。
つか、小田急、京王はぎりぎりOKだが(個人の感想です)
伊勢丹で買うとか、なんかセレブくさくてイヤらしくないか?(←貧乏人の発想)
そんなわけで、
キューバもアメリカと国交回復するようだし、
ここは一発キューバに頑張っていただいて、ガーンとラムの輸出に精を出していただき、
近い将来ラム酒の覇権をガッツリ握っていただければキューバも我が家もハッピーである。
昔は結構あったと思うんですけど、なんでなくなっちゃったんですかね?
美味しいのに。
[PR]
# by sadacyo | 2016-04-15 15:28 | Comments(0)

2016.04.13. 日々

ご無沙汰しております。
今年もすでに4月半ばに差し掛かっております。
ということは、あっっっっっっっという間にもうクリスマスが来ます。
ちょっとはやいですが、今年もお世話になりました。
時の流れの速さに翻弄されつつ、
どうにか生きています。

実家で支払済みの私名義の生命保険が満期になったらしく、ちょっとまとまったお金が振り込まれていたり、
歯石を取りにいったり、
髪の毛を切ったけどやっぱり仕上がりがウ〜ムって感じだったり、
愛車パンちゃんのドアウィンドウが左右共に10センチぐらい開いた状態でしまらなくなったり、
もうぼちぼち愛車パンちゃんも限界かしら……って思いながらも
ダメモトで車屋さんに「あと15年ぐらい、どうですかね?」って聞いたら
「マメに点検、メンテしていけばあと15年乗れる(と思う)」って言われて超ホッとしてみたり、
おとなりさんの飼っていたワンコさん(享年17)が天寿を全うされたと連絡を受け、
すぐにお悔やみ言いにいったら弔問客がぞくぞく来て、
さらにお骨になって帰ってきてからお花持ってったら遺骨のまわりが大量の花束に囲われていて、
あまりの「リア充」っぷりに感心してみたり、
かと思ったら、おとなりさんちにちっさい白黒のネコがおとずれるようになったり、
もういいかげんしまわなければ!と思い立ち、コタツを段ボールに納め、
いつになく丁寧にヒモでしばって開かないようにし、納戸にがっちりおさめてヤレヤレって掃除を始めたら
電源コードをしまい忘れていることに気がついたり、
コタツしまった翌日から小寒くなったり、
玄関先の小汚い松っぽい木の新芽がのび放題でかっちょわるかったのでがんばって整えたら、
うまく切れてるって近隣住民やら通りすがりの知らないおばあさんにほめられたので、
調子こいてダンナに告げたら、「どこ切ったの?」って全然悪気ないかんじでいわれてガッカリしてみたり、
満期の生命保険にうかれたのもつかの間、「それ、贈与税かかるからね!」 って通知がきてうんざりしてみたり、
仕事で使うiMacの調子があまりよろしくないので、しぶしぶ、というか、ヤケクソでもう1台買ってみたり、
とはいえ、いろいろあって古いiMacも動かさなきゃいけないのでモリサワパスポートのライセンス数を追加することになっちゃったり、
ライセンス追加なんて、オンラインですぐ対応できるだろうと考えていたのだが、
「見積りを郵送します」から始まって、承認だかなんだかに「1週間から2週間かかりまーす」とか言われて、
そんな時に限って予告通りに仕事がスタートして新しいMacにフォント入ってないんですけど、ってなっちゃって、
古いiMacからモリサワパスポートをアンインストールしちゃう? とかドキドキしてみたり(ドキドキするほどのことでもないが)、
AdobeCCを購入しなきゃならなくなってココロのなかでAdobeに悪態をついてみたり、
ウニが微妙によそよそしいような気がしたので、「ウニ! 愛してるよ!!」って言ってみたけどまるっきり無視されたり、
つか、気候が暖かくなってくるとネコって冷たいよね。

そんな、どっちかっつーとあまりよろしくない出来事(しかもショボイ)が多い日々ですが、
イヤじゃない、というか、意外に充実してる? とすら思ったりしている
根っから暗い管理人の近況でした。
[PR]
# by sadacyo | 2016-04-13 17:04 | Comments(0)